交通事故に強い法律事務所の特徴

1 交通事故に強い弁護士

交通事故に強い法律事務所の特徴交通事故に強い弁護士の特徴は,やはり,日常的に多くの交通事故業務を取り扱い,解決までの道のりを具体的かつ詳細に説明できる弁護士でしょう。交通事故と一括りに言っても,その類型は様々なものがあります。軽微な物損事故から重大な後遺障害が生じた場合や死亡事故等,様々な交通事故が存在します。また,個別の争点も様々なものがあります。

 

2 特に弁護士を必要とするケース

交通事故に遭ってしまった方の多くの人の内,ほとんどの人が初めての交通事故であり,どのような対処をすればよいのか分からないことが多いです。そこで,我々のような交通事故を多く取り扱っている弁護士がサポートする必要があります。

特に,困ってしまうのは,過失割合10:0の被害者の方です。停車中の追突事故が典型例ですが,このような場合は,被害者の加入している保険会社が示談交渉に乗り出すことができず,被害者の方がご自身で,加害者側の保険会社と交渉しなければなりません。

私の経験上,多くの方が加害者側の保険会社から送付された書類に必要事項を記入して返送してもよいものかどうかの判断すらつきません。どのような対応が正しく,どのような対応が誤りなのかが分からないのは,その対応をした結果,どのよう事態が生じるのかが分からないからです。交通事故に強い弁護士であれば,この点についての説明を行い,被害者の方を適切に導くことが可能です。

 

3 よくある交通事故

交通事故の類型の内,もっとも多いと言っても過言ではないのが,頚椎捻挫,いわゆる「むち打ち」が生じている場合です。「むち打ち」に関しては,場合によっては,保険会社が非常にシビアな対応をすることがあります。治療の仕方(医学的な観点ではない)及び記録の残し方に関して,注意する点が多いです。交通事故に強い弁護士であれば,この点について,適切な治療の仕方(医学的な観点ではない)及び記録の残し方を説明することが可能です。

 

4 後遺障害について

後遺障害についてです。後遺障害については,様々な等級がありますが,重要なことは,担当医の見解です。認定された後遺障害の等級が,担当医の見解より軽いという場合があります。このような場合,まずは異議申立てを検討することになりますが,何らの証拠を添付することなく異議申立てをしても意味がありません。そこで,当該後遺障害が認定された理由を精査し,その理由が,妥当なものであるかを担当医に相談します。そこから,担当医の見解との食い違いを見つけて,入通院を行った病院から医療記録を取り寄せた上,認定理由と実際の症状が異なることを証拠により裏付けるということを行います。これが,上手くいけば,異議申立てをして,後遺障害等級が上がります。このような思考及び行動を順序だてて行うことができる弁護士は,交通事故に強い弁護士と言えるでしょう。

また,後遺障害が認定された類型で,もっとも対立しやすいのが,後遺障害逸失利益です。私の経験上,後遺障害が認定された類型では,ほぼ全ての事件で,後遺障害逸失利益が削られています。後遺障害が認定された方は,迷わず弁護士に相談されるのが一番だと思います。

 

5 死亡事故について

死亡事件です。死亡事件において,見落とされがちなのは,相続が発生している点です。相続が発生している以上,相続人がいるので,原則として,その相続人全員(代表者を決めて委任している場合も含む)が保険会社と交渉に臨みますが,相続人間の人間関係によっては,相続人が一致団結して,保険会社と交渉に臨むことができない場合があります。

重要なのは,一致団結できない相続人がいる場合には,もはや交渉可能な相続人のみで交渉を開始するかどうかの踏ん切りをつけることです。また,相続人が高齢で認知症である場合もあり,その場合は,成年後見人を申立てるかどうかも検討する必要があります。つまり,交渉の土俵を整えることが重要になります。

交渉の土俵が整ったら交渉が開始できるようになりますが,死亡事件の場合,早急に,示談を成立させると加害者の刑事責任が軽くなるのではないか,ということを危惧される方もいらっしゃいます。確かに,示談が成立すると,刑事責任が軽くなる傾向があることは否めません。しかし,そもそも,交渉の土俵が整っているかどうかの確認はされておかないと,一部の相続人に病気や認知症があり,それが進行すると,もはや交渉の土俵を整えること自体に大変な労力を使う場合があります。

したがって,死亡事件の相続人の方は,この点に十分に留意して,交渉開始のタイミングを見極めることが重要になります。そこで,相続の問題も含めて,どのような対処をするのが適切であるかを弁護士に一度相談してみるのがよいでしょう。

 

6 交通事故に強い法律事務所について

以上のように,交通事故と言っても,様々な類型が存在し,個別の事件により注意すべき点が異なってきます。このように,事件類型から生じる注意すべき点と個別の事件の特徴から生じる注意すべき点を,きちんと押さえた上で,事故解決の道のりまでを具体的かつ詳細に説明できる弁護士が存在する法律事務所が交通事故に強い法律事務所だと言えるでしょう。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0825116545電話番号リンク 問い合わせバナー